Above _ Wayward oil/canvas
Below _ !The Diet oil/panel
Copyright : Whyn Lewis

2007.5.22

Vashti BunyanのCDジャケットで発見した動物肖像画アーティスト、Whyn Lewisのことを少しだけ調べてみた。彼女の作品を管理しているロンドンのPortal Galleryのサイトによると、Whyn Lewisは1973年にVashti Bunyanと同郷のイギリス・エンジンバラで生まれている。彼女の親たちは馬が引くジプシーワゴンに暮らしてたそうだ。(そういえばVashtiの「Just Another Diamond Day」のジャケットには何枚ものジプシーワゴンの絵や写真が挿入されていたけど、ほんとうにこんなに小さなワゴンで暮らすことができるんだろうか?)LewisはGorse(ハリエニシダ)の薮の名にちなんで名付けられたという。黒いWhippet(ホイペット〈レース用の犬〉)Indieを伴って入学することを特例として認めたという寛容なグラスゴー美術学校に16歳で入学している。以来1995年まで、絵画友達でもあった愛犬のIndieだけを描き続けたと言われている。彼女のインスピレーションの源となったIndieとは、深い絆で結ばれていたようだ。1994年のスコットランドアカデミー「Maude Gemmel Hutcheson賞」受賞を皮切りに、イギリス国内で数々の受賞経歴を重ねてきた女流画家、Whyn Lewis。
一貫して主要なモチーフは犬。時折うさぎや馬なども登場する。彼女の描き出す動物たちは、単なるアレゴリーを超えて、象徴的な生き物としての優雅さをたたえている。とにかく彼らは美しい。Lewisの彼らへの共感や憧憬、驚嘆や畏怖の念がその筆先から溶け出し、静かにカンバスの表層で凝固し、じっと身を潜めているようだ。極東の島国絵師、応挙若冲の動物画は文句なしに素晴らしい。そして現代、極西の島国で生み出されたこの静謐な動物たちもヨーロピアンな香りを纏い、どこか愛らしい。残念ながら画集は出版されてないようだ。こんな絵なら1枚欲しいと思った。Portal Galleryで購入すると$3,550〜$9,750くらい。フ〜ム…。でも、好きな作品はほとんどSoldでした。