18日、六本木ヒルズ内レストラン
「ウォンズシノワ」にて。

2007.5.18

中沢新一さんの最新刊『ミクロコスモス』の版元である四季社主催の「『ミクロコスモス』発刊打上げ会」に出席。散会後はすぐ近くの六本木SuperDeluxeで開催されている坂本龍一さんのイベントに中沢さんが出演するということで、数時間前に六本木ヒルズにあるレストランに、著者と「チーム・ミクロ」、それにIAA(多摩美・芸術人類学研究所)スタッフの皆さんが集合。ライトアップされた東京タワーを眺めながら、発刊を祝うひとときを過ごし、久しぶりの再会を楽しんだ。集合写真後列向かって右から編集者でclover books代表の平林享子さん(ブルー)、IAAスタッフの大澤さんと深澤晃平さん(共に白)、前列右はIAAスタッフの石倉敏明さん(白)、そして中沢新一さん(オレンジ)とぼく(ピンク)。
ところでIAAの名刺にはオレンジとブルーとピンク3つのバージョンがあって、見事に当夜の著者と「チーム・ミクロ」は、IAA仕様にカラーコーディネートされていた。芸術人類学的なカラーはやっぱりこーでねぇ〜と。(寒いオヤジギャグでごめんなさい)
先月末NHKで放映された「爆笑問題のニッポンの教養」芸術人類学研究所編でメジャーデビューを果たした石倉さんと深澤さんは(もう一人のスタッフ金子さんとともに)タマビ・オギヤハギとかタマビ・オリエンタルラジオとか言われてるそうで、いや、TVの影響力はすごいというか、侮れないものがある!好評につき再放送という話もあるようなので、見逃した方、今度こそぜひどうぞ。
これから預かっていた文化財を返却しに行かなければ、と緊張した面持ちで早めに席を立った四季社の北村さん、今夜はどうもごちそうさまでした。これからもよろしくお願いします。