Left _ Just Another Diamond Day
Right _ Lookaftering
Copyright : Vashti Bunyan

2007.5.10

久しぶりに買ったCDの中に思わぬ掘り出し物があった。イギリスのエディンバラ出身女性フォークミュージシャン・Vashti Bunyan(ヴァシュティ・バニアン)の「Just Another Diamond Day」。Donovan(ドノバン)とも親交のあるベテランミュージシャンらしいけど、ぼくは全然知らなかったのだ。どこかで誰かが絶賛していたReviewを気まぐれに携帯にメモしておいたのを思い出し、何となく入手してみた。
どれも2分足らずの小品ばかりだけど、アイリッシュな牧歌的情景を耳元でささやくように唄い上げている極上の音楽集。人間の視界を動物や自然の世界へとスライドしながら綴っていくような旅路の記録。そこには「青春の」という言葉を付け加えてもいいかもしれない。Enya(エンヤ)で一躍ブレイクしたアイルランドの音色に近いが、June Tabor(ジェーン・テイバー)ほど骨太でないし、Dolores Keane(ドロレス・ケーン)みたいに堂々としてもいない。もっと素朴でナイーブな印象だ。絵本作家・Tasha Tudor(ターシャ・テューダー)が少女時代にミュージシャンだったらこんなアルバム作りそうな気がする。とにかく、マリアンヌ・ファイスフルみたいな不思議な存在感を感じさせる人だ。
ジャケット眺めていて驚いた。何とこのアルバムは1970年にリリースされていた、37年も前の音楽だったのだ。そしてもう一枚、2005年に発表されたアルバムがあるという。35年ぶりの新作!寡作にもほどがある。Amazon(アマゾン)のReviewでは、この新作「Lookaftering」は前作と甲乙つけがたい出来とあったので早速手に入れて聴いてみる。35年経ってもその歌声はまったく変わっていないし、やはりそこにあるのは彼女の音色。しかし前作の方が断然いい、とぼくは思う。「Just Another…」にはナイーブさの中にも静かな躍動感があって、そこに心震わすものがあったのだけど、ナイーブなだけのVashti Bunyanには正直、ぼくにはあまりぐっとくるものがない。ただ、思わぬ発見もあった。新作のアルバム・ジャケットを飾る絵がとても素敵だったのだ。他の絵も歌詞の横に添えられていて、クレジットには Painting by Whyn Lewis とあった。(余談だがBunyanは今年の2月に最初で最後(?)の来日公演をしていたそうだ)